2011年1月31日、ついに輸入解禁!パキスタンのローカル業者と日本の業者のコラボレーションによって実現した、日本初、パキスタン産マンゴー(シンドリ/チョンサ)の卸売り専門店。
近年、日本の市場において、マンゴーを見かける機会が増えてきましたが、世界におけるマンゴーの種類は何種類ほどあるのかご存知でしょうか。マンゴーの原産地はインドからインドシナ半島周辺と推定されていますが、世界におけるマンゴーの種類は1500をも超えるといわれています。

パキスタンのマンゴーはその中でも150種類を超えるといわれており、パキスタンのマーケットにもよく出回っている二種のマンゴー「シンドリ」と「チョンサ」が、2011年1月31日に輸入解禁となりました。

パキスタンのマンゴーは世界一美味しいことで有名で、英国王室には毎年パキスタンのマンゴーが献上されているなど、世界の王室でも多く食されています。また、パキスタンとアメリカ、パキスタンとインドなどでは、マンゴーが外交の手段として使われるなど、パキスタンのマンゴーは世界でも確固たる地位を獲得しており、絶大な美味しさであることがうかがえます。

弊社では世界一の美味しさを誇る魅力あふれるパキスタンのマンゴーを安全かつ安定的に供給するため、現地の生産者に日本の文化と手法を教育し、生産者とともに定めたスタンダード基準を用いることで、一定の品質を保っています。
シンドリとチョンサの収穫時期
1 月 2 月 3 月 4 月 5 月 6 月 7 月 8 月 9 月 10月 11月 12月
シンドリ - - - - - - - - -
チョンサ - - - - - - - -
マンゴーが「フルーツの王様(King of the Fruits)」と命名されたように、シンドリもまたその美味しさから「マンゴーの王様」と呼ばれています。
マンゴーが「フルーツの王様(King of the Fruits)」と命名されたように、シンドリもまたその美味しさから「マンゴーの王様」と呼ばれています。シンドリはパキスタンのマンゴーでも最も有名な品種であり、非常に甘くよく香ります。シンドリはパキスタンの首相であるムハンマド・ハーン・ジュネジョーによって、インド・ボンベイから持って来られ、シンドリ州で栽培が始まりました。その後、ムハンマド・ハーン・ジュネジョーによって「シンドリ」と名付けられました。
品種 シンドリ
原産地 パキスタン(シンド州)
イエロー
香り ほんのり香る
繊維 3% - 5%
糖度 15% - 18%
水分含量 79%
平均重量 450g
シンドリに並びチョンサもまたその美味しさから「マンゴーの王様」と呼ばれていることで有名です。繊維も少なく、香り高いマンゴーです。
果肉も柔らかく、みずみずしく、非常に甘いことで有名です。チョンサには、「ゴールデンチョンサ」、「ブラックチョンサ」、「ホワイトチョンサ」の三種類があります。
品種 チョンサ
原産地 パキスタン(ムルタン州ラヒームヤーハン市)
ゴールデン
香り 香り高い
繊維 17.2% - 27.3%
糖度 10% - 22%
水分含量 78%
平均重量 400g
コネクティ

〒216-0001

神奈川県川崎市宮前区野川1077-1

044-571-4429
044-571-4429
info@pakistanmango.com
日本初、パキスタン産マンゴー(シンドリ/チョンサ)の卸売り専門店
Copyright(C)2012 Pakistan Mango All Rights Reserved.